声の出し方・話し方

img_20060405T160829109

良い印象を与える電話マナーは、声の出し方が大事になります。

初めての相手は、声のトーンや話し方で、その人の性格や仕事への取り組みを、一瞬で判断します。また、
会社そのものの評価へもつながりますので、気持ちのよい話し方を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

声の高さ

明るく高い声は、聞き取りやすいだけではなく、相手に好印象を与えることになります。

いきなり、電話の向こうからボソボソしゃべられては、決して良い印象を持たれません。

電話に出る時は、いつもより少し高めの声で出ると良いでしょう。

ただし、むやみに元気なのも慎んでください。

必要以上に高く大きい声は、逆に悪印象を与える場合もあります。

声の大きさ

小さい声でボソボソ話をする人は、元気がないばかりか、相手にまったく興味を持っていないような、事務的な印象を持たれてしまいます。

すこし大きな声で話をするように、意識してみましょう。

話すスピード

話すスピードは、相手とシチュエーションによって変えた方が良い場合があります。

例えば、得意先に対して業務の報告をする場合は、テキパキとしたスピードで。

クレームに対しては、落ち着いたゆっくりとしたスピードで。

自然に会話が進むように、スピードに気をつけて話をしましょう。

得意先の場合は、人によって早口を好む人もいれば、ゆっくり話をする人もいますので、
相手のペースに意識的に合わせてあげるのも一つの方法です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加