正しい敬語の使い方

img_20060405T161102234
ビジネス社会において、しっかりとした敬語を使えることは、基本中の基本です。

しかし、普段はちゃんとした敬語を話せても、いざ電話になると敬語が使えないという人も、結構いるものです。

緊張することなく、敬語を使うように普段から訓練しましょう。

敬語は、以下のような使い方の組み合わせになります。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

尊敬語

相手に対して直接敬意を表す言葉。

「会う」→「お会いになる」

「あげる」→「くださる」

「食べる」→「召し上がる」

など。

社内の人には尊敬語を使うのが基本です。

謙譲語

自分がへりくだり、謙虚さを表すことで、相手を敬う言葉。

「会う」→「お目にかかる」

「あげる」→「差し上げる」

「食べる」→「頂戴する」「いただく」

など。

自分や自分の会社、社員に関することには、謙譲語を使うのが基本です。

丁寧語

ものごとを丁寧に表現し、相手に敬意を表す言葉。

「会う」→「会います」

「あげる」→「あげます」

「食べる」→「食べます」

など。
お客様からの電話で、「○○部長、いらっしゃいますか?」

という問いかけに「○○部長ですね。少々お待ちください」

と言ってしまう新入社員も多いようですが、「○○部長」というのは、社内での呼び名なので、

「○○ですね。少々お待ちください」

と、役職名で呼ばないようにしましょう。

基本的なビジネス用語

ありません → ございません

いいですか? → よろしいでしょうか?

言っておきます → 伝えておきます

聞きます → うけたまわります

知りません → 存じ上げません

すみませんが → 申し訳ございませんが

席にいません → 席を外しております

そうですか → さようでございますか

できません → できかねます

どうですか? → いかがでしょうか?

わかりました → かしこまりました

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加